重度障がい者多数雇用企業 住友生命特例子会社 株式会社スミセイハーモニー

「人」の魅力が私たちの「チカラ」 / 鎌田 恵徳

働くことを通して一人ひとりの「未来を強くする」の実現を! 代表取締役社長 鎌田恵徳

“SUMISEI Harmony”

“SUMISEI Harmony”

スミセイハーモニーはより多くの働く意欲のある障がい者に対して雇用の場を提供することを目的に住友生命グループの特例子会社として2001年に設立。ハーモニーという名前には様々な障がいのある人、そして障がいのない人も含めすべての人がお互いの個性を理解し認め合い、そして支え合い最高のHarmony(調和)を奏でる会社をつくるという理念が込められています。

住友生命グループのブランドビジョン「あなたの未来を強くする」には、生命保険を通して強い未来を描いてほしいという思いが込められています。
当社では障がいのある職員が働くことを通して、「やりがい・生きがいを感じる」「仲間と互いに認め合い支え合うことの素晴らしさを感じる」「自立し人として成長する」ことでそれぞれの人生の「未来を強くする」ことを目指しています。

“SUMISEI Harmony” イメージ

ステップアップを支援する教育制度

ステップアップを支援する教育制度

当社は住友生命保険の大阪本社ビルに事務所を構えており、住友生命から生命保険に関する事務を受託しています。障がい者であることに甘えることなく、品質・効率向上に向け職員自ら考え工夫を重ねることで信頼も高まり、責任ある重要な職務を委託されるようになりました。できることは一生懸命に、そしてできない部分はお互いカバーしあうことで組織として目標をやり上げ、自信とプライド、そして達成感ややりがいを感じることが出来るようになってきました。
一つの業務でもより細分化することで色々な障がいのある職員も活躍できる場所が出来ます。また、組織の中での役割も、トレーナー・グループ長・課長代理等管理職へステップアップできる仕組みがあり、実際プレーヤーからマネジメント層を目指すメンバーも増えてきました。
社会人として必要なビジネスマナーや人権・ハラスメント研修、そしてマネジメント力向上を目的とした研修や社長グループ長研鑽会等教育体制の充実に取り組んでいます。

安定して長く勤める:希望が持てる強い未来にするために

安定して長く勤める:希望が持てる強い未来にするために

入社した職員が安心して長く勤めることが出来るためにスミセイハーモニーでは「心のケアを中心とした支援体制の充実」と「職員自ら参画しての職場環境の向上」に取り組んでいます。
支援体制については、2018年に「ダイバーシティ推進室」を設置、障がい者支援経験のある専門支援員を中心に8名でスタートし、2019年4月には16名となり日々多くの職員の相談やカウンセリング等様々な形での支援を行っています。
支援を必要とする職員の支援はダイバーシティ推進室スタッフのみが行うのではなく個々人の状況を把握・理解したうえでより働きやすい職場にするにはどうすればいいか、を全員で考え意見を出していけるようになることが重要です。その取り組みの1つが委員会運営です。

安定して長く勤める:希望が持てる強い未来にするために イメージ

①職場でのコミュニケーションをよくするための「職場コミュニケーション向上委員会」
②より活気ある職場にするための「職場活性化委員会」
③職場環境を向上させるための「職場環境向上委員会」

3つの委員会はすべて障がいのある職員で運営し、たくさんの職員が活躍しています。
また組合的な役割をもつ「従業員代表委員会」もスタートし、職員の多くの声を集め会社経営に活かせるよう取り組んでいます。

当社には、身体・知的・精神・発達など様々な障がいがある仲間がいます。そしてまだまだ発展途上の会社であり、さらにいろいろな障がいのあるメンバーをもっと多く仲間として受け入れていきます。
お互いが個性や障がいの特性を理解し認め合い協力し、職員全員で素晴らしい“Harmony”を奏でることが出来る組織を目指しています。
一人ひとりが安定して長く勤めることができ、そして人としても成長し、輝く「強い未来」を描けるよう全員の「心と力」を合わせて一歩一歩前進していきたいと思います。

ページの先頭へ